美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第29話】のネタバレ・感想!ハナとの和解、償いの決意…サチに迫る狂気の影

漫画「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」は藤森治見先生の作品です。

いじめによって家族を奪われた女・市村ハナが別人に生まれ変わり、地獄の復讐に身を投じる!!

凍死寸前にハナに助けられたサチ。
相原の死を秘匿せねばならず苦悩する綿貫。
凄惨さが垣間見える絢子の過去。
そして、ハナと和解し生き直す決意をしたサチに忍び寄る狂気――

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>U-NEXTで「美醜の大地」を無料で読む!<<

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【29話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【29話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【29話】のあらすじ

サチ「ハ…ハナ…わ…私を殺しにきたの…?」

ハナと対面し青ざめるサチ。
しかし、殺す気なら介抱などしてくれるわけがない…

 

ハナは、戸惑うサチに1枚の紙を手渡します。
そこには進司がいる孤児院『つくし苑』の住所が記してありました。

屋敷爆破計画の前にハナが逃がし、仲間(鶴田)が保護して孤児施設に預けたのだ。
それを聞いて、サチは不信に満ちた目でハナを見上げます。

 

サチ「私に…何をさせたいの?」

もう息子を盾にとられるのも利用されるのもご免だ…
そんなサチの懸念を、言葉少なに否定するハナ。

 

ハナ「何も」
サチ「…何も?ただ私の息子を守ってくれただけなの?」

自分は、ハナの幼い弟を死に追いやった。
ハナは、自分の幼い息子を助けてくれた。

ハナの優しさ・懐の深さに触れ、サチの心で何かが溶けていきます。
いったん枯れた涙が、とめどなく溢れてきました。

 

サチ「…私、あれから生き直そうとしたけど。
あなたに復讐しようとしてる敏恵に祖母を殺されて…息子まで奪われて…
とうとうこの手で、人まで殺しちゃった…」

正直ハナを逆恨みもしたが、違う。道を間違えたのは自分だ。
凍傷でボロボロになった手を見つめながら懺悔するサチ。

サチ「ねえハナ…私どうしたらいい?どうすれば償える?」

 

ハナ「私には何もしなくていい。
私はあなたにしたことを謝るつもりはない。

だから、あなたも私に謝罪する必要はないわ。
これからなんのために何をするか、それだけを考えればいい」

号泣するサチを、ただ見守るハナ。
――雪は降りやみ朝日が昇りはじめていました。

スポンサードリンク

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【29話】のネタバレ

【綿貫と、鶴田と、五十嵐】
綿貫(いくら菜穂子さんのためとはいえ、相原の死を隠し続けるなんて…)

綿貫は苦悩で憔悴していました。
陰惨な幼少期を過ごした綿貫にとって、北海道でできた友人は大切な存在です。
走馬灯のように浮かぶ、相原や五十嵐と一緒に送った大学の寮生活…

 

綿貫(そうだ。五十嵐先輩も相原が死んだことを知らないんだ…)

綿貫は居ても立っても居られず警察署に駆け込みます。

取調べ室の前で警官と女性が押し問答をしていました。

どうやらこの女性は高嶋津の女中のようで
「ヤクザ風の男(鶴田)に間取りや従業員について訊かれただけで、屋敷爆破事件の情報は何も知らない」
と主張しています。

 

市村ハナにはヤクザが絡んでいる。

迂闊に情報を漏らせば、菜穂子が消されてしまうかもしれない――
そう思った綿貫は菜穂子の身を案じ、なにも打ち明けることなく警察署を後にするのでした。

 

――

 

五十嵐「そっか。相原が。そっか…」
鶴田「前にあの記者の坊主のことを、おまえが『後輩』って呼んでたからな。もしかしてと思ったが…やっぱり知り合いか」

凍った川を眺めながら、鶴田から相原の死を聞く五十嵐。
厚いメガネの下の表情はうかがい知れません。

鶴田「今更だがおまえも気を付けろ。向こうも妙な連中を引き込んだようだからな」
五十嵐「でも、許せないなぁ」

 

【絢子の過去】
白川「絢子さん、一緒にお茶でも…」

絢子は入浴中で部屋にはいませんでした。
白川さま、最近じゃ紳士そのものですね。
マジキチスマイルで『絢子さんはどんな声で鳴いてくれるだろう』とか言ってたのは何だったんだろう(笑)

 

時間を持て余した白川は、ふと棚に1枚の写真が置いてあることに気づきます。
そこには、赤ちゃんを抱いた女性が写っていました。
写真の裏側には『絢子 一才』と。

 

――

 

女中「お湯加減はいかがですか?」
絢子「大丈夫よ」
女中「よろしければお背中をお流ししましょうか?」
絢子「余計な真似をしないで」

 

扉越しに聞こえる絢子の声は、淡々としつつ殺意のようなものを醸しています。
青ざめて引き下がる女中。

 

――浴槽に浸かる絢子の体には、無数の傷跡が走っています。
満身創痍の自分の肌を、相変わらず表情のない目が映していました。

 

【サチの決意と、迫る狂気】
ハナ「…会わなくていいの?」
サチ「…ええ」

進司は他の子供達と打ち解け、楽しそうにボール遊びをしていました。
その姿を塀の外から確認し、安堵に涙するサチ。

 

サチ「後で、あの子に渡してあげてくれる?」
ハナ「……」
サチ「文字、教えたから、きっと読めると思うから…」

 

息子に宛てた手紙をハナに託し、サチはどこかへ歩き出していきます。

小さいうちから勉強を教えているあたり、サチの真面目さが垣間見えますね。
絢子が転校して来なかったら…自分より成績のいいハナへの妬みをうまく処理できていたら…もしかしたら、ハナと仲良くなれたかも。

 

ハナ「…どこへ?」
サチ「……私、自首するわ」

どれくらいかかるかわからないけど、全部償ってから息子を迎えにくる。
ハナと別れる間際、サチは一度立ち止まり

サチ「ハナ、ありがとう」

 

…そう言って警察署へ向かっていきました。
その横顔は涙に濡れながらも微笑んでいます。
小さくなるサチの後ろ姿を、無言で見送るハナ。

 

ここはしんみりすべきシーンなんですが…
醜女の仮面を被って白昼出歩くハナ、なかなかシュールです。
夜目遠目ならまだしも、こんな近くにいたら質感とかで「えっ、お面!?じゃアンタ誰なん?」と思いそうなものですが…内田先生の技術が半端ないのかな。

 

――

 

サチ(――空ってこんなに青くてきれいだったっけ)

私、緊張してる。
本当は自首なんて怖くてたまらない、でも…
なぜか、すごく晴れやかな気持ち。

 

今度こそ、今度こそ、きちんと生き直すんだ。

意を決して警察署へ入ろうとするサチですが…

???「サチ」

物陰から呼び止める声。
その正体は――

 

敏恵「ど こ い く の ?」

>>U-NEXTで「美醜の大地」を無料で読む!<<

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【29話】の感想

ハナは終始言葉少なく、サチに焦点を当てたお話でした。
綿貫・ハナ・そして敏恵と対面して…サチ青ざめてエンドが多いですね。

「敏恵が」「絢子さんが」と唯々諾々と付き従い、しまいには「相原が敏恵を連れてこうとするから…」と被害者に責任転嫁したりと、保身ばかりのサチが責任を取る決意をしたのは感動しました。

 

そしてミイラ女・敏恵の破壊力ときたら…!
第2形態(フランケン)時は「あたしをこんなにしたハナが憎い」という明確な意思がありましたが、第3形態(ミイラ)になってからは完全にイカレてしまい、思考さえ読めなくて恐ろしいです。

さて、この完全に狂人と化した敏恵にエンカウントしましたが、サチはどう対処するのでしょうか。
今回の表紙は、血に濡れたサチが、死んだ目でハナに凶器を差し出す姿が描かれていますが、これはサチの最期を暗示しているのでしょうか…?

まとめ

以上、「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【29話】」のネタバレを紹介しました。

たいへん人気の作品なので、FOD・U-NEXT・music.jpをはじめとしたほとんどのマンガ配信サービスで読めます。
加入時すぐに600ポイントが手に入るため「どんな話かな?」と数話読むのであればU-NEXTがオススメです。

実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

>>好きな漫画を無料で読む方法!<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です