美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第28話】のネタバレ・感想!

漫画「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」は藤森治見先生の作品です。

いじめによって家族を奪われた女・市村ハナが別人に生まれ変わり、地獄の復讐に身を投じる!!

『母親』という存在に揺れる森哉。
深見のハナへの想い。菊乃の覚悟。
百子は杏一郎恋しさに街を徘徊し、サチは凍えながら我が子を捜し続けていた。

去来する後悔と納得、想いは複雑に交錯して――?

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>U-NEXTで「美醜の大地」を無料で読む!<<

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【28話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【28話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【28話】のあらすじ

加也「で?瀬尾サチが去っていくのを黙って見送ったのかい?」
森哉「…うん」

サチと別行動になったことを加也に報告する森哉。
加也はあくびをしながら、「手を組んだ時の条件は果たして必要な情報は聞き出したし、好きにさせりゃいい」と言います。

もしサチが出頭したら…?と懸念する森哉に対して、加也はあくまでも無関心。
サチが警察に自分たちのことをぶちまけても、あんなウスノロどもに捕まるわけがない。
それどころかサチには複数の殺人容疑がかかっており、無実を言い張ってるようにしか見えないだろうとせせら笑います。

 

寝床に転がり、眠そうにする加也。
「息子を捜しにいく」と去っていったサチの背中を思い出し、深々と降る雪を眺める森哉。

森哉「…母さん…」

彼らのお母さんの行方は、明確になってませんね。
前回のお話で、母親はもういない=死んだと解釈したんですが、ここにきて『我が子を捜す母』…
これって2人の母は生きていて、サチと同じように我が子を捜しているフラグなんでしょうか。ますます目が離せません!

スポンサードリンク

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【28話】のネタバレ

深見の部屋を訪ねて、怪我の手当を手伝うハナ。

包帯を巻いてもらい「あまり危ない真似をしないで」と言われてる時の深見さん、幸せそう(笑)

深見「私は必要だと思うことをしているまでです」

 

綿貫に接触したのは、情報集めの駒として利用すると同時に、事情を知りすぎた彼を監視するため。
実際に綿貫と行動を共にした結果、瀬尾サチに協力者がいて、あちら側にも問題が発生していることがわかった。
彼女らは勝手に暴走して互いを追い詰めあっているようで、うまく利用すれば自滅に追い込めるだろう…と語る深見。

 

深見「もうしばらくあの記者の監視は続けます。ご心配なく、余計な真似はさせません」

…そう、余計な真似などさせない。
すべてはあなたのために。

ハナ「…ひとつ、約束して」
深見「なんでしょう?」
ハナ「二度と綿貫さんを傷つけないで」

…深見にとって、綿貫は利用するための駒(兼・恋のライバル)でしかありませんが、ハナにとっては大切にすべき人のひとりなんですよね。

ハナ「お願いね、深見さん」

手当を終えて、深見の部屋を出るハナ。
彼女の脳裏に、必死に進司の身を案じるサチの姿、何の罪もない進司、ハナを呼ぶ弟の笑顔が浮かびます。
そしてハナはペンダントを握りしめ、どこかへと歩き出していきます。

 

――内田診療所にて

 

内田「…何か言いたげだな」
菊乃「……内海敏恵が出ていくのを止めなかったこと、なぜお咎めにならないのかと思って…」
内田「自主的に出ていったのなら仕方ない。二度も診察費を踏み倒しているしな」
菊乃(確かに…)

ハナのライフマスクを目撃し、診療所を出ていった敏恵…
菊乃は敏恵の危険性を分かっていながら、怖気づいて何もできなかった自分の無力さを悔やんでいました。

内田「巻き込まれることが恐ろしいか?」

内田先生は、菊乃が怯えていることを察知していました。

 

内田「うちの仕事には常にこういった危険がつきまとう。怖いと思うのなら無理に留まろうとしなくていい」
菊乃「いいえ。自分で飛び込んだことですから…」

自分は初めから無関係ではない。
ならば、せめて先生だけは守ってみせる――と腹をくくる菊乃。

菊乃は、ふと百子のことを思い出します。
自分が『御曹司・杏一郎』を演じて破滅させた小倉百子は、一体どうなっただろう?

 

――中標津町にて

 

百子「ねぇ…一晩、私を買って」

老婆の如く痩せこけた体、それに不釣り合いな着飾った格好…
そんなブキミな女に声をかけられた男は、顔をしかめて立ち去ろうとしますが
「お腹がすいて凍えて死にそうなの」と縋られ、根負けして一夜を共にすることにしました。

男「あんた名前は」
百子「百子」

男と同衾しながら、薬瓶を眺める百子。
これは実家の納屋にあった農薬で、祖母いわく「天に召される」ほど強力な代物です。

百子(天に…あの時、杏一郎さんのくれたものは、確かに私を天にも昇るような心地にさせてくれた。目覚めた時には地獄にいたけれど)

百子「ねぇ…あなたも天に昇れた?」

布団に転がる男は、血泡を吹いて冷たくなっていました。

男を毒殺し、スキップしながら宿を後にする百子は、窓ガラスに映った自分の醜さに唖然とします。

 

こんな醜い姿じゃだめだ。
杏一郎さんに逢うには、もっときれいにならなくちゃ。
私をこんなにした男たちから、今度は搾り取ってやる。
そして――

百子「杏一郎さん。天国へ連れてってあげるわ」

バーサーカー敏恵に続き、ポイズン百子登場!
こんなクリーチャー達が街をうろついてるなんて…怖すぎる!!

――

サチは、進司を捜して雪道を彷徨っていました。

もしかしたら保護されてるかも…と民家の戸を叩こうとしますが、
もう自分はお尋ね者になっているかもしれない、通報されてしまったら進司に会えない…と思いとどまります。

民家からは、母子の楽しそうな笑い声が聞こえてきました。
こんなことにならなければ今頃、祖母と息子と3人で身を寄せ合って過ごしていたはずなのに…

サチ(どうして、こうなってしまったんだろう)

疲労・飢え・寒さで、いよいよサチは限界に達していました。

サチ(限界だ…でも、もう二度と進司に会えないのなら、このまま死んでしまったほうが楽なのかもしれない)

なんの責任を取ることもせず、すべてを失って野垂れ死にだなんて。
たったひとりの我が子さえ守れなかった、情けない私の人生…
もう何も 考えられない。

サチ「ごめんね、進司…」

思考が途切れ、倒れこむサチ。

――

サチ(…暖かい。私、死んだのかな)

目が覚めると、そこは森の中でした。
倒れた場所のまま、凍えた体は毛布にくるまれ、目の前には焚火まであります。

サチ「いったい誰が…森哉くん?」

辺りを見回すと、ひとりの女性が歩み寄ってきました。
サチは、その意外な人物の姿に凍りつきます。

そこには、醜女の仮面を被ったハナの姿が――!

>>U-NEXTで「美醜の大地」を無料で読む!<<

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【28話】の感想

凍死寸前、ハナに助けられたサチはどう出るんでしょう。
まさか「みんなアンタが悪いのよ!!」とか言ってハナに襲いかかるタマじゃないと思いますが…
また、敏恵が後ろから現れて「見ぃつけた」包丁ブスー!なんて展開も想像できて、おっかなくてしょうがないです。

菊乃さんも当事者としてけじめをつける時が近づいてきましたね。
廃人から狂人へとパワーアップして、男を毒殺して回る百子…こっちも恐ろしい。

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【28話】」のネタバレを紹介しました。

最新版はFODにて配信されている「まんがグリム童話 1月号」で読むことができます。
最新話をイチ早く読みたい方にはFODがオススメです!

また、U-NEXTでは分冊版が24話まで配信されています。
こちらは加入時すぐにポイントが手に入りますので「どんな話かな?」と数話読むのであればU-NEXTがオススメです。

実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

>>好きな漫画を無料で読む方法!<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です