青の祓魔師【第114話】のネタバレ・感想!

漫画「青の祓魔師」は加藤和恵先生の作品です。

雪男はルシフェルを欺き、イルナミティのエリクサー最終実験を妨害します。そしてライトニングの使い魔の力を借りて、艦船を破壊し始めます!

一方、過去の世界から戻ってきた燐も、ついに目覚めますが・・・!?

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「青の祓魔師」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「青の祓魔師」を無料で読む

青の祓魔師【第114話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

タイトル名のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

青の祓魔師【第114話】のあらすじ

シエミが連れてこられたのは、三賢者の一人である創造皇シェミハザの結晶が鎮座する聖 聖域でした。

そこはまた別名で「アマハラ(天空)」とも呼ばれており、シエミ自身もまた幼少の頃に祖母から、その場所の話だけは聞かされており、驚かされますが自分の住むことになる斎宮へと案内されます。

そして中に入る多くの女性使用人たちがシエミを歓迎するかのように待ち構えていたのですが、彼女は喜ぶどころか恐怖心に包まれてしまいます。

そんな彼女の気持ちをよそに、老婆の使用人によって自身もまた、そこでの衣装に着替えさせられた後に、自分をここまで

案内してきた女性エレミヤによって、鏡台へと移動させられます。

今度はエレミヤが変わって、身支度に入りますが、シエミは母親にはいつ会えるのか質問しますが、世界情勢が不安定なために今は多忙であると返されます。

その直後に今度はエレミヤから儀式作法は覚えているか否かについて質問されますが、シエミの方は覚えていないことを正直に答えます。

エレミヤ「可愛そうに・・・あなたは小さい頃と何も変わっていない。記憶がないのですから、出来ないのは当たり前です。どうかご安心を、私達が何もかもして差し上げます」

シエミ「怖い・・・!」

先程から抱き続けてきた恐怖心が、これで確実なものとなってしまいました!

 

その後は用意されていた軽食を召し上がるものの、数人の使用人たちは離れた位置で立ち上がら見守っている中での一人きりの食事となり、もう一生みんなと会えないところに来てしまったことを実感すると共に悲しみのあまりに涙が出そうになる中でトイレへと案内してもらいます。

しかし、その中で思いがけぬ人物との再会が待ち受けていたのです!!

スポンサードリンク

青の祓魔師【第114話】のネタバレ

トイレに入りながら悩み続けるシエミですが・・・

シエミ「雪ちゃんならどうするのかな、燐なら・・・ブー!なんでここに燐が!?」

そこには、神木からフェレス卿によって監禁されていると聞かされていたはずの燐が倒れながら眠っていたのです!

そんな彼に声をかけますが、その途端に嬉しさのあまりに涙が溢れ出します。

シエミ「私、もう元気になっちゃった!凄いな燐は」

しかし燐の方はまだ目覚めたばかりのせいか、シエミが目前にいることには、まだ気づいてない様子ですが・・・

燐「俺のせいだ!あれが本当の俺だ!!」

これまでにメフィストに連れられたことによって見てきた過去の出来事に対して、自分のせいであると自身を責め始めます。

両親が自分のせいで他界したことを皆が燐を元凶だと思っていることに悩み始めます。

燐「人に優しくする意味なんて、そもそもなかったんだ!どうでもいい!!弟も俺を憎んで行っちまった!」

心の中で葛藤する燐に対して声かけを続けるシエミですが・・・

シエミ「雪ちゃんは自分で決めて行ってしまったけど苦しんでた、助けたかったよね」

燐「俺も勝手にやってやる!メチュクチャにしてやる!!」

シエミ「私も助けたかった・・・たくさん貰ったから返したい!」

お互いに噛み合わない会話と思考ばかりが繰り返されますが・・・

シエミ「燐と雪ちゃんに会えてなかったら、私きっと今でも人や外が怖いままだった。人も世界も広くて素晴らしいって知るきっかけをくれた・・・私にとって二人はお日様なの!一生懸命追いかけるね」

そんな時に使用人たちが心配しながら声をかけてきたことによって、彼女はいったんトイレから出て行きます。

そして、まるで行き違いのように完全に目覚めた燐はシエミが目前にいたことには気づかぬまま、過去の世界へも戻ってしまいます。

 

すぐさまに過去の世界に戻った燐は結局はシエミがそばにいたことにも気づかなかったものの・・・

燐「何かよくわかんねーけど元気でた!休みはもういらねー!!」

シエミの存在や理由は分からなくとも、元気になれた実感はつかめるのでした。

その後にユリの出産場面を見るものの、その時に大きな揺れを感じます。

メフィストと共に、そこへ向かうとサタンが復活したことを逃げている連中から聞かされますがメフィストからはサタンが壊れ始めたと告げられます。

メフィスト「青い夜が始まる!」

そう、本当の悲劇の始まりはここからが本番となるのです。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「青の祓魔師」を無料で読む

青の祓魔師【第114話】のみんなの感想

長かった過去編がようやく終わって現代に戻ってきたのも束の間・・・これからはまたしても過去編に入るのですね。

ここ最近は過去と現在の行き来が多く、読んでいる側も少し混乱してしまいそうにもなりますが、なんとか頑張って追いかけていきたいところですね!

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「青の祓魔師【第114話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

モブ子の恋はU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「青の祓魔師」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です