悪女の定義【第9話】ネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

悪女の定義【第9話】あらすじ

「まだ、皇太子殿下がすきなのかい?もしもお前が望むのならば・・・」

父にそう言われて、シャルティアナは私の為に無理をしないでと笑顔で止めます。

 

もしもシャルティアナが望むのならば、父は皇太子の廃位を企てるために動くこともできるのです。

ですがカイロンは皇帝陛下の忠臣で、皇帝が定めた皇太子に反旗を出すのはとてつもない反逆と捉えられます。

そのことで別の不幸を呼ぶことになるかもしれないのです。

パパの力はお前を幸せにするためにあると優しく言ってくれますが、意味を分かっているシャルティアナはパパとママの幸せを願っていると伝え、二人は別れました。

シャルティアナとしては、たとえそうせざるを得ない状況が来るとしても、今はまだ早すぎると考えています。

スポンサードリンク

悪女の定義【第9話】ネタバレ

(パパったら、私の事になると熱いんだから・・・)

そう父の優しさを感じながら、宮に帰ろうと振り向いたところ、目の前に男の人が立っていました。

驚き悲鳴を上げるシャルティアナですが、目の前にいた男性は第5皇太子だったのです。

そう皇帝の第5皇太子、カイラード・オブス・フェレカロンはレジーナお披露目のパーティーの時にダンスを申し込んでくれた男性です。

驚きを隠しながら挨拶をするシャルティアナ。

カイラードに図書館に行ったのか聞かれて答え、もう宮に戻るところだと伝えると沈黙が流れます。

カイラードはぶっきらぼうな性格で、シャルティアナはもう挨拶をしていいのかな?と不安になっていたところで、「行かないのですか?」と気遣いを見せてくれました。

彼は宮へ送ってくれるつもりだったのです。

失礼でなければと彼が行ってくれたので、送ってもらうことにしました。

歩いて宮に向かっている中、シャルティアナはこの人に親切ばかりしてもらい、ちゃんとお礼を伝えなければと考えてしまい、無言になってしまいます。

特にパーティーの時、ダンスを申しこんでもらったことはとてもありがたく思っていますが、このお礼を伝えるのは変なことではないのか考えがまとまりません。

そんなシャルティアナはの様子を見たカイラードは、他に寄るところがあったのではと聞いてくれます。

カイラード「仰ってください。どうせ散歩したい気分でしたから」

その言葉で、優しい一面がある人なんだと確信したシャルティアナは、パーティーの時のお礼を伝えることにします。

シャルティアナ「この前のパーティーの時、一緒に踊ってくださってありがとうございました」

「この言葉をお伝えしたかっただけです」

カイラード「お礼を言われる必要はありませんよ」

「一緒に踊りたいと思ったレディをお誘いしただけですから、むしろ私の方がお礼を申し上げるべきでしょう」

その優しい心遣いに、シャルティアナは暖かな気持ちになりました。

 

そしてそんな気分で宮に着き、部屋に戻ったところで乳母に一人でどこに行っていたんだと怒られてしまい、現実に引き戻されます。

乳母は召使も付けずにフラフラ歩き回って、周りからどう思われるのかと説教をしますが、シャルティアナはそう思ってもらうために言ってきたんだと交わします。

乳母「皇太子殿下も本当にひどいですわ、いつまでこんな・・・」

シャルティアナ「侍女ならもうすぐくるはずよ」

父が上げてくれたリストは二回も不可となっていますが、皇太子に直接選ばせるように何もしないでと伝えてあります。

ということは皇太子が密偵を紛れ込ませるかもしれず、侍女を信じれる保証はどこにもない状況となります。

もしかしたら初めからそのつもりで、シャルティアナの侍女を遅らせているのかもしれません。

シャルティアナは話を変え、乳母に早く叙爵を受けようと伝えます。

その言葉に驚く乳母ですが、もともと受けることにしてたのだからと押しました。

この世界では皇族や高位貴族は通常乳母へ一代爵位を与え、乳母は実母よりつながりが強いと考えるため当然のことなのです。

シャルティアナおの乳母、バンス婦人も叙爵を受ける予定でしたが、日取りを決める前にシャルティアナが病気で倒れてしまったために延期となってしまっていました。

シャルティアナ「ばあやは私にとって特別な人だもの、だからこんなことをずっと遅らせるのは私も心苦しいの」

その言葉に感動する乳母ですが、爵位を受けた後は一段と頑張って働いてもらうというシャルティアナの発言に感動は打ち消されます。

そして寝室にいきシャルティアナは一息つきました。

シャルティアナ「疲れた・・・頭を使ったからかな」

 

ある日の皇太子宮。

皇太子殿下の元にはカイロンが訪れています。

そんなに意気込んでどうしたという皇太子の言葉に、カイロンは少しためらってしまいます。

皇太子「知っての通り、耳ざといのでな」

カイロン「ゴホン・・・実は他でもなくうちの娘の事で・・・」

悪女の定義【第9話】感想

シャルティアナの父カイロンは、娘の為にいろんなことをしてくれる本当に優しいお父さんなのですね。

芙美の生い立ちを考えると、そんなカイロンの事を大切に思いたくなる気持ちはわかります!

カイラードという男性は、シャルティアナのことをどうおもっているのでしょうか?

あれだけいい噂の無いシャルティアナにここまで優しく出来るのは何か理由があるのかなーと考えてしまいます。

宮には噂は届かないと前に言っていたので、それもあるかもしれませんが・・・そうなんでしょう?

これからなにか鍵を握る人となってくれそうです!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年4月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です