悪女の定義【第5話】ネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第5話】あらすじ

アイリーンはシャルティアナの悪口を言って、気に入られようとする貴族令嬢たちに対して、シャルティアナをかばう発言をしています。

アイリーン「公女もいい気分ではなかったでしょう。」

「・・・それなのに、こんな風に陰口まで言われていることを知ったらどう思われるでしょうか」

それなのにアイリーンにシャルティアナは違和感を感じます。

 

自分の気分がよくないからそう聞こえるだけなのか、理由はわかりません。

アイリーンは、皇太子のエスコートで入場するべきではなかったのに、皇太子からの押しに負けてしまい自分のせいでシャルティアナを傷つけてしまったというのです。

その言葉に周りの貴族令嬢たちは皇太子は本当にアイリーン様を愛しているんだと、褒め称えます。

 

盗み聞きをしているシャルティアナには、それが遠回しに自慢をしているように聞こえてきましたが、考えすぎなのかと思いその場を離れることにしました。

スポンサードリンク

悪女の定義【第5話】ネタバレ

シャルティアナの記憶の中でアイリーンについて見逃していることがないか思い返してみました。

ですがアイリーンは誰に対しても優しく親切で、シャルティアナの無礼な態度にも礼儀正しい姿勢を崩すことなかつたのです。

それなのにシャルティアナは文句を言い、水をぶっかけたり相手を引っかいたりしていました。

そんな嫌な記憶しか出てこないので、本当に悪行をしていたんだと考えることは止めにしました。

会場に戻ると、皇帝陛下からの祝辞で本格的にパーティーが始まります。

「それでは見なさは杯をお持ちください。」

皇帝陛下「これにてパーティーを始めよう!2人のレジーナの誕生を祝って!」

シャルティアナとアイリーンは二人並び、会場では演奏が始まりました。

順調に始まったことでシャルティアナは安堵し、同時に微笑みかけてくるアイリーンの表情をみてこんな可愛い天使の様な子に疑いを抱いてはいけないと心に誓うのです。

そこで登場したのが皇太子でした。

シャルティアナの前を通過し、アイリーンの元へ手を差し出します。

自分の前をスルーされたことでシャルティアナは怒りを覚えますが、それを見て困惑するアイリーンを見ると大丈夫だと笑顔を見せました。

そのシャルティアナの笑顔を見て、アイリーンは少し驚いた表情をしています。

独り取り残されたシャルティアナはため息をつき、周りからはささやき声が聞こえています。

シャルティアナは初めのダンスをアイリーンと踊ることくらい予想はしていましたが、あの皇太子の態度はどうしてもあり得ないと怒りが込み上げてきます。

しきたり上、皇太子は全てのレジーナと踊ることになっているので次は自分の番が回ってくると思っていたのですが、またしてもシャルティアナのことを無視ししきたりを破るつもりの様です。

曲が何回変わっても、皇太子はシャルティアナに目もくれません。

その代わりシャルティアナに降り注がれるのは、焼き付くような視線。

あからさまな同情と嘲笑は、シャルティアナの両親にも。

心配している両親に、シャルティアナは大丈夫だとアイコンタクトをし、こんなときこそ堂々としていようと背筋を伸ばしました。

 

どうしようもなく怒りが溢れていても、何も変わらない状況では、自分の感情ばかりが無駄に消耗されていくだけだと。

芙美の幼少期のころに味わった経験がそうさせているのです。

 

そしてシャルティアナは怒ったところで自分が辛いだけ、堂々とやり過ごそうと強気の表情をみせます。

無礼極まりない皇太子のことは、こっちから願い下げだという態度です。

皇太子とは一瞬目が合いましたが、そのまま言ってしまいました。

シャルティアナが一息ついたところで、後ろから声を掛けられます。

「あの・・・よろしければ、私と一曲踊って頂けませんか?」

そう声をかけてきたのは、皇族たちの中にいた皇子の一人のようですが誰なのかはまだわかりません。

この人は私に同情してくれているんだと、シャルティアナは微笑みながらその人の手をとります。

頭の中に複雑な感情が出てきますが、それでも握りしめた彼の手は憐れみで暖かかったのです。

悪女の定義【第5話】感想

アイリーンに裏の顔があるのかどうかはまだわかりませんが・・・

なんだか皇太子の態度にイラっとしますね!

シャルティアナも一応レジーナなのです。そこはしっかりと対応してもいい気がするのですが・・・

それさえもしたくないほど嫌いなのか・・・(笑)

それが自分自身のせいだったらどうしようもないのですが、なんだかアイリーンが関係してそうですよね!

そしてこの皇太子の態度に、周りは何も思わないのか不思議です。

そしてこの優しく声をかけてきてくれた男性は誰なのか、これで物語がさらに進みそうですね!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年4月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です