悪女の定義【第39話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

悪女の定義【第39話】あらすじ

あるパーティーへ参加しているシャルティアナは、主催の女性と会話が盛り上がっています。

その方は、思っていたよりもシャルティアナが面白く、気品のあふれる方だったと感じて褒めています。

悪い噂ばかりを聞いて思い込みをしていたという女性は、また必ず会おうと約束をしてくれて、シャルティアナはそのパーティーを後にしました。

もちろん、カイラードにエスコートをしてもらっています。

 

二人は馬車に乗り、カイラードはシャルティアナを見つめているのです。

 

スポンサードリンク

悪女の定義【第39話】ネタバレ

あのお見舞いの際、カイラードはあんなことがあったのにまた自分をパーティーへ誘ってくれることを不思議に思っていました。

どうしてなのか聞いてみると、シャルティアナはどうして他人の目を気にする必要があるのかとはっきり言ってくれたのです。

シャルティアナ「それに私たちにはやましいことなど何一つないではありませんか」

「あんなことがあったからと言って突然距離を置くと、かえって後ろめたいことがあったからだと思われてしまいます」

その言葉を聞いて、カイラードは納得をしましたが、何かを考えている表情をしていました。

 

 

パーティーからの帰りの馬車が到着し、シャルティアナは今日のエスコートのお礼を伝えます。

また宮で会うことを約束し、気を付けて帰るように伝えるシャルティアナですが、ティータイムの時も馬車の中でもカイラードが何か深く考えていることに気づいていました。

考え事をやめて顔を上げたカイラードは、すっきりしたようでありながらもどこか寂しそうな表情を浮かべていたのです。

何について考えていたのか気にはなりましたが、シャルティアナはそれを尋ねることはしませんでした。

理由は、今はそんな余裕がないからです。

これから参加するパーティーの準備をし、計画を立てなければなりません。

シャルティアナの計画通り、貴族たちは悪名高いシャルティアナが変わったのだと信じ始めており、同時にアイリーンへの盲目的な信頼にもヒビが入り始めていました。

 

それなりにうまくはいったかな・・・と考えながら部屋に向かって歩いていると、パパが渡したいものがあるから部屋に来てほしいと話しかけてきました。

パパの部屋へ行くと、非常時に使う通信機だと言い、金色の輪っか(?)のようなものを渡してくれたのです。

パパ「普通の通信機のように映像までは出ないが、いつでもすぐに連絡を取ることができる」

安全とは言えない宮で過ごしているシャルティアナのためには必要だと、パパが用意してくれたのです。

シャルティアナ(・・・そう、宮は思ったよりもずっと危険な場所。)

カイロン家に対する皇太子の敵意は、ずっと前からのものであるというだけでなく、具体的な理由までありました。

パパが皇太子への支持を撤回したのは信念に従った行動ではありましたが、皇太子から見れば許しがたい裏切りにほかなりません。

その上第7皇子は、能力も生まれも彼よりもずっと劣っている相手であり、皇太子の目にはパパの行動が、名ばかりの皇帝を立てて権力を操ろうとしている意図に見えたことでしょう。

そんな状況で皇太子がカイロン家を受け入れられるはずがありません。

皇帝になるには寛大さも必要ですが、結局は彼も人間なのですから・・・。

 

シャルティアナは今になってようやく、皇太子のことを理解ができる気がすると感じました。

現代の時のことを、今でも許せてはいないのですから。

 

考え込むシャルティアナに、パパはどうしたのかと声をかけてくれました。

大丈夫だと伝え、この通信機があれば少しは安心できそうだと笑顔を見せます。

パパ「そうだな、使うような事態にならなければそれに越したことはないんだが、いつも注意を怠ってはいけないよ、シャティ」

そう言って、優しく抱きしめてくれました。

明日には宮へ戻るので、そろそろ戻って休むように言ってくれたので、シャルティアナはそうすることにして部屋からでました。

ついに明日は宮へ戻る日、戻ったらすぐにエストゥスの避暑が待っています。

彼のことを少しは理解ができるようになったとはいえ、旅の負担が軽くなるわけではなく、皇太子と旅行だなんて・・・と少し憂鬱にはなります。

シャルティアナ(ううん・・・覚悟を決めよう。これからが本当のスタートなんだから)

 

 

 

 

 

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク

悪女の定義【第39話】感想

 

シャルティアナの計画はうまくいっているようで、もともと評判が良くなかったこともあり、すぐに効果が出ました。

アイリーンに対する信頼が揺らいではいますが、どうなるのでしょう?

シャルティアナの悪い噂はアイリーンから聞いていたので、彼女が嘘をついているような印象に感じられたのでしょうが、エストゥスでシャルティアナがいない間、アイリーンが何もしないわけはありません。

その間に何か問題が起きなければいいのですが・・・。

カイラードがなにか深く考えているのも気になります。

シャルティアナへ好意を抱いているのかなーという考えは、簡単すぎますかね?(笑)

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です