悪女の定義【第28話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

悪女の定義【第28話】あらすじ

宮までの帰り道、馬車の中で干ばつの話をしているシャルティアナと皇太子。

皇太子から詳しい話を聞いて、西部地域の干ばつはラニーニャ現象が原因だと確信します。

ですが自然現象なので、特に解決する方法がないために皇太子へ話すかどうかシャルティアナは悩んでいました。

皇太子「何かわかったか?」

真剣にシャルティアナに聞いてくる皇太子ですが、ラニーニャ現象のことを伝えてもがっかりさせてしまうだけなのです。

シャルティアナ「何か分かったとしたらどうなのですか?」

また頭を下げるつもりかと、軽く笑いながら返すシャルティアナ。

必要であればと皇太子は前のめりになりかけますが、二度も頭を下げることに価値があっても魅力的ではないと断りをいれました。

スポンサードリンク

悪女の定義【第28話】ネタバレ

そうして話していると、もう到着してしまい、シャルティアナは皇太子にお礼を言って馬車からおりました。

さらっと帰っていくシャルティアナを見て、呆気にとられる皇太子の表情は微笑んでしまうほどにおかしかったのです。

 

次の日、気持ちよく朝の挨拶をばあやにします。

昨晩疲れて寝てしまいそうになっていたシャルティアナは、ばあやに無理やりお風呂に入れられていたのです。

もちろんよく眠れてすっきりしているのもありますが、昨日のパーティーでアイリーンや皇太子に一撃食らわせることができたのば大きいんだと思っています。

ですがまだ、考えなければならないことはたくさんあるのです。

ひとまず侍女たちに朝の挨拶をしていると、明らかに一晩中泣きはらしたような顔をしているヘルマが目に止まりました。

確かに昨日のことを、アイリーンがタダで済ますわけはないとわかってはいましたが、自業自得だと思っていながらとても気になって仕方がありません。

ピオゲルもヘルマへ、体調が悪いのであれば休んでいたほうが・・・と優しく声をかけています。

そして朝食を食べているとき、気になって仕方がないシャルティアナは、ヘルマへ体調が悪いのであれば少し休んできては?と声を掛けます。

ヘルマ「こ・・・公女様。いえ・・・大丈夫で・・・ううっ・・・」

思わず涙が流れてくるヘルマ。

シャルティアナ「気持ちが落ち着いてから戻ってちょうだい。こんなんじゃ仕事どころか邪魔にしかならないわ」

その言葉に涙を流しながら、ヘルマは恐れ入りますと立ち去っていきました。

 

そしてお茶を飲んでいるとき、エディスがたくさんの招待状をもって机の上におきました。

エディス「どういう風の吹き回しですか?今までは全ての招待を断っておいででしたのに」

招待を断っていたのは「悪役シャティ」の演技の為でした。

チャンドラム家のパーティーで本当の姿を見せたので、もうほかのパーティーも断る必要はないと感じたのです。

昨日のことだけで偏見をなくすのは難しいので、これからは外部での味方づくりに精を出すつもりです。

シャルティアナ「招待状を重要な順番に分類してちょうだい。重要なものだけ選んで持ってきて」

大量の招待状をの選別に、仕事が増えてしまったと嘆くエディス達。

自分の体が3つあれば全部のパーティーへ参加することは可能ですが、それは難しいので選別して選ぶことにしたのでしょう。

 

そうこうしているとピオゲルが「エストゥス」の時期に行きたい場所は決まっているのか聞いてきました。

今後の計画を立ててているようなので、ぜひ聞いておきたかったとシャルティアナに確認してきます。

エストゥスとは夏を意味する言葉で、この時期に皇太子はレジーナたちと一回ずつ避暑に出かけます。

そして秋から翌年の春まで続くラハディーンの期間には、レジーナたちの本格的な戦いが繰り広げられ最終的な勝者が決定します。

 

本格的な戦い前の休息のチャンスなのに、皇太子と一緒だなんて休まるわけがないと重くのしかかってきていました。

ピオゲル「まだ決めかねていらっしゃるようですね。水晶宮はいかがですか?」

進めてきてくれた水晶宮とは、皇室の別宮中の一つでピオゲルは以前お仕えしていた時に訪れたことがあると話しています。

ピオゲル「名前の通り水晶で作られた城ですわ。陽の光を通した壁の水晶がそれはもうきらびやかで・・・」

「その上宮殿内部には、青金石と橄欖石で装飾されていて・・・」

説明を受けたシャルティアナは、うまく想像ができず考えています。

ピオゲル「とても特別な場所ですわ。本当に美しいので、ぜひおすすめいたします」

シャルティアナ「!」

するとここで、ヘルマが戻ってきました。

体調はどう?との問いかけに、だいぶ良くなったと話すヘルマ。

ヘルマ「あの・・・公女様。公女様だけにお話ししたいことがございます」

そう目に涙を浮かべながらお願いをしてきました。

シャルティアナ「皆しばらく隣の部屋へ行っていて」

そしてほかの侍女たちがいなくなり、部屋にはヘルマとシャルティアナの二人になりました。

シャルティアナ「それで・・・話って?」

すこしためらっているヘルマを見て、大体予想はつくとシャルティアナは余裕の表情を浮かべています。

スポンサードリンク

悪女の定義【第28話】感想

ヘルマは昨日アイリーンに言われたことが、悲しくて仕方がないようですね。

ですがこれは自業自得。

バレルかもしれないなんて最初から分かっていたことなので、仕方がないでしょう。

シャルティアナには侍女をやめることを伝えるのか、それとも本当のことを話したりするのか・・・。

私には見当もつきませんが、毎週の楽しみになってきています!

それからピオゲルが水晶宮へ行かせようとしているところで、シャルティアナが何かに気づきます。

なんだかピオゲルが、再度怪しく感じてきました。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です