悪女の定義【第23話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

悪女の定義【第23話】あらすじ

夜、シャルティアナは鳴きまねの練習を一人でしています。

「ああっ!ステナ令嬢!どうしてそんなひどいことをなさるのですか!」

鏡に向かって表情を作りますが、もっと見る人の同情を誘うような表情を作らないとと考えています。

「公女様、退宮の挨拶をさせて頂きます」

そう言いながら部屋に入って来た侍女たちは、お休みなさいと挨拶をします。

シャルティアナは明日のチャンドラム家のパーティーには、エディスの参席してもらうことを話して、準備を促しました。

 

明日にあるチャンドラム家のパーティーには、貴族の女子達だけが集められます。

主役である「ユタバイン」が仰々しいパーティーを望まなかったため、同じ年ごろの貴族にだけ招待状が送られたのです。

自由な雰囲気ではあるが、未来の有力者たちが一堂に集まる席、スタンドプレーにはぴったりの舞台です。

前世でもうまく出来なくて、そのせいで陰口を散々叩かれてきたシャルティアナはウソ泣きが通じるのか不安になりますが、二度とないチャンスを無駄にしないようにと気合いを入れました。

「シャティは悪女でアイリーンは善女だというその偏見を、うち砕いてやるわ」

スポンサードリンク

悪女の定義【第23話】ネタバレ

そして翌日。

チャンドラム家のパーティー会場にはカイラードにエスコートされてシャルティアナが参列しました。

「シャルティアナ公女!!」

そう声をかけてきたユタバイン・チャンドラムはシャルティアナの幼馴染であり、今日のパーティーの主役です。

シャルティアナはユタバインに騎士叙任のお祝いの言葉を伝え、第5皇太子殿下より先に挨拶をしてしまったことを、ユタバインは謝ります。

そのような粗相があったにも関わらず、カイラードは優しくユタバインへ皇室騎士団入団へのお祝いを述べました。

ここで騎士二人が盛り上がっている間に、作戦の準備をしようとその場から離れていきます。

 

エディスに遅かったと言われてしまいますが、主人公は遅れて現れるものだと言いながら、アイリーンの動向を確認します。

エディス「ほとんど公女様の悪口です、例えば・・・・」

シャルティアナの耳元で囁き、こっそりとアイリーンがなんと言いまわっているのかを伝えました。

シャルティアナ(私の予想から大きく外れてはいないわね。そろそろ誰かが話しかけてくれたら作戦を・・・)

会場内をうろうろ歩いているところで、またもやユタバインにつかまってしまいます。

シャルティアナ(緊張して死にそうなのに、まあここでユタバインと話さないわけにもいかないし)

どうせなら楽しもうと、ユタバイン友達がいないあんたの為にわざわざ来てやったのよと明るく話返します。

ユタバインはやっといつものシャルティアナを見れたことが嬉しいようで笑顔を見せます。

ユタバイン「そうだよ!お前がなかなか来ないせいでずっと一人でいたじゃないか!」

シャルティアナ「あんたこそ私のレジーナお披露目パーティーの時来なかったくせに!」

ユタバイン「ううっ・・その時は遠征中だったんだから仕方ないだろう」

仲良さげに言い合いをする二人。シャルティアナもこんなに砕けた話し方をするのはいつぶりだろう・・・となんだか嬉しそうです。

 

そして二人は昔の話になり、ユタバインが騎士になったらシャルティアナに忠誠を誓うと言っていた話題になります。

すると次はシャルティアナはユタバインと結婚すると言っていたという話にすり替えられ、言ったのは昔のシャルティアナではありますがなんだか気まずく感じてしまうのです。

「過去のことはわすれよう・・・」

お互いの気まずい過去を引き出してしまい、言い合いが落ち着いた二人はユタバインの今後の話をします。

シャルティアナ「それで誰に忠誠をちかうの?」

ユタバイン「皇太子殿下、皇帝陛下へ誓いを立てるには若すぎるだろ。どちらにせよ、皇太子殿下が未来の皇帝だしな」

少し寂しそうな表情をするシャルティアナですが、皇帝陛下に忠誠を誓う資格がないって事でしょうと、また言い合いを吹っかけてしまいます。

ユタバインは年齢だけだと反論し、その問題がなかったとしても皇太子殿下に対して誓っていたと真面目に話すのです。

それはシャルティアナにとっては喜ばしいことではなく、もし皇太子を廃位させることになってしまったらユタバインも敵に回すことになってしまうのです。

騎士は一度立てた忠誠の誓いは死ぬまで守ります。

皇太子殿下への思いを再確認したユタバインは、シャルティアナの変な噂を聞いたと心配します。

とっさにアイリーンの仕業だとわかったシャルティアナ。

シャルティアナ「私の事わかってるって思いこんでると後で驚くことになるわよ」

そう言い残してユタバインの元を去りました。

 

ユタバインのと話したことにより緊張が解けたシャルティアナは、そろそろ動こうと決断します。

歩いていると貴族の女性3人が話しかけてきました。

「あらカイロン公女ご機嫌よう。お目にかかれて光栄ですわ」

そしてその女性たちはシャルティアナに向かって、宮での暮らしはどうなのか、着てるドレスは魔法処理を施したものなのかと聞いてきます。

「これが2日前に買われたというドレスですか?」

「その日20着も購入されたとか?」

でたらめに誇張された話を信じて、シャルティアナに嫌味を言ってきました。

ですがこれはシャルティアナにとっては好都合で、表情を崩さずにどうしてドレスを買ったことを知っているのか聞き返します。

女性たちは怯み、その間にエディスが横からステナ令嬢が教えてくださいましたとナイスタイミングで入ってきます。

さてこれから、シャルティアナの攻撃スタートです。

シャルティアナ「一体誰がそんなに私に興味があるのかと思っていたら・・・ステナ令嬢だったんですね」

アイリーンがわざと私の噂を言いふらしていることに気づけと思いながら落ち着いて話すシャルティアナに、貴族たちは返事に困ります。

「で、でもドレス20着だなんて、皇室の財産をそのように使ってしまってはまずいのでは?」

「その通りですわ」

「同じレジーナであるステナ令嬢はつつましく過ごしてらっしゃるのに」

彼女たちはどうしてもシャルティアナを悪く言いたいようです。

そこで自分が国庫を使い果たすのかと聞き返し、女性たちはそうではないけれど・・・と言葉に詰まります。

シャルティアナ「おかしいですね。全てカイロン家のお金で買ったものですけど」

その言葉に貴族の女性たちは驚きます。

悪女の定義【第23話】感想

シャルティアナの反撃が始まりました。

アイリーンがいかにしてシャルティアナを悪者にしようとしているか、わかってきましたね。

そしてこう、丸く言いくるめていくのは気持ちのいいこと!!(笑)

さらさらと読んじゃいました♪

次回はこの続き、待ち遠しくて仕方ありません!

このままアイリーンの立場を崩してやって欲しいです!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年4月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です