悪女の定義【第16話】ネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

悪女の定義【第16話】あらすじ

ある日、シャルティアナは部屋で紅茶をいただいています。

サム所のラブエルに今日の日程を確認すると、午後に皇室衣装職人のマイロット男爵がいらっしゃるそうです。

これもレジーナとして行わなければならない義務の一つなのか問うと、特権だと答えます。

ヘルマ「マイロット男爵は天才と呼ばれている人物です。平民でありながら腕を認められ、男爵の爵位を受けたそうです」

そしてマイロット男爵は皇室所属の為、選ばれた方のみが合うことが出来るというのです。

ヘルマ「レジーナに対する費用は通常皇室から出されますから、タダでドレスを手に入れられるチャンスですよ!」

シャルティアナ「私がドレス一つ買うお金もないように見えるのかしら?」

イキイキと答えるヘルマに対し、シャルティアナはきつい表情で言い放ちます。

焦り謝罪をするヘルマですが、シャルティアナはこれも侍女たちをいじめるいい機会だと気分を上げました。

 

スポンサードリンク

悪女の定義【第16話】ネタバレ

乳母が爵位を受けに行った日、そして侍女たちが来た日から5日が経ち、その間シャルティアナは侍女たちを一生懸命にいじめてきたのです。

スパイであったヘルマには、特別ボーナスも付けてあげました。

あまりにいろいろな方法でいじめてきたので、これ以上何をしたらいいのか思いつかなくなっていたところにドレス選びとは絶好のタイミングです。

不敵の笑みを浮かべるシャルティアナに、侍女たちがは嫌な予感を感じ取っています。

 

 

そして午後になり、部屋にはたくさんのドレスが運び込まれてきました。

マイロット「カイロン公女ごきげんよう。マイロットと申します、お目にかかれて光栄です」

きらきらと輝く笑顔で自信作を取り揃えてきたと言うマイロットには申し訳ないですが、シャルティアナの中の悪魔はもう降臨しかけていました。

 

明後日には乳母が帰ってくるのでそうすればこのいじめ作戦は使えなくなってしまいます。

それまで精いっぱいやりきろうと、ここで気合いを入れなおしました。

 

 

侍女たちいがいのお付きの者も手伝いながらマイロットが持ってきたドレスに着替えるシャルティアナ。

ヘルマは本当にお似合いだとおだてますが、冷たい表情で気に入らないと当たり始めました。

ドレスを着替える度に、侍女たちが称賛の言葉をシャルティアナへ並べ立てますが、どれも受け入れず他のドレスの試着を繰り返します。

 

 

 

 

試着するドレスが10着を超えたあたりから部屋の中にいる誰もが疲れ始め、そのなかでもシャルティアナが一番疲れてしまっていました。

シャルティアナ(どうしてドレスって着替えるのがこんなに大変なの!?)

(もう無理・・・試着はこれで終わりにして・・・)

そこで着る前から文句をつけるスタイルに変えました。

シャルティアナ「私にこんなボロ切れを着ろって言うの!?」

「何なのこれ?こんなのがドレスだなんて信じられないわ!!」

部屋の中は誰もがあわただしく動いています。

この戦略でもう少し粘ろうしたところ、ふとマイロット男爵が放心状態になってしまっているのに気づきました。

 

これまでのマイロット男爵の表情の変化は、不快そうな顔から憤怒している状態にかわり、その次はあきれ、そして今のなんとも言えない表情です。

 

マイロットが気の毒に感じたので、シャルティアナは一つも気に入らないから片付けてと侍女たちに怒鳴りつけました。

マイロットのドレスは完璧なのに申し訳ないと心の中に気持ちを抑えながら彼を見てみると、次は闘志に燃えた表情でシャルティアナを見ているのです。

 

怒らせてしまったと焦るシャルティアナの元にマイロットは近づいてきましたが、いきなり両手を掴んできました。

マイロット「どうか!必ず!次回もこのマイロットをお呼びください!」

状況が読み込めないシャルティアナですが、彼の表情はとても嬉しそうに見えるのです。

もしかしてそういう趣味があるのかと少し引き気味になりますが、マイロットは次こそシャルティアナがお気に召すドレスを持ってくると嬉しそうに伝えました。

勘違いをしてしまって恥ずかしく感じますが、マイロットと次の日取りを決めることにします。

 

 

 

嬉しそうな表情で部屋を後にするマイロット。

そんな彼を見ながら、シャルティアナだけでなく侍女たちも少しあきれています。

ここれシャルティアナは散歩に行って頭を冷やしてくると言い、侍女たちは準備を始めました。

本当は散歩には一人で行きたいところですが、さすがに怪しまれてしまうと考えて誰か一人だけついてきてほしいと伝えます。

読み通りヘルマがついて来ようとしますが、まさかのラブエルからお供すると返事がきました。

ドレス選びで疲れているはずのラブエルからの言葉に驚いてしまうシャルティアナですが、今回はラブエルと一緒に散歩に出ることにしました。

その時のヘルマの表情は、ついていきたかったのに横取りされてしまったという顔をしているのです。

 

シャルティアナはそれよりも、ラブエルが一体何を狙っているのか気になってしまうのでした。

悪女の定義【第16話】感想

ドレス選びの件はなんだか笑ってしまいましたが・・・。

マイロットは怪しい人物ではなさそうなので、なんだかすこしほっとしました。

それよりも気になって仕方がないのが、ラブエルですよね。

今まであまり表情に出さずに、シャルティアナのいうことを聞いてきたラブエルですがもしかするとここも誰かのスパイだったりするのでしょうか?

それとも彼女自身に何か狙いがあっての事なのか・・・

ただ散歩についてくるってだけなのに、いろいろなことを疑ってしまいました。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年4月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です