悪女の定義【第14話】ネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

悪女の定義【第14話】あらすじ

「公女様。ご入浴の準備が整いました」

皇太子との夕食が終わりほっとしていたシャルティアナは、入浴のことをすっかり忘れていました。

すぐに入ると移動するのですが、侍女には一人で入りたいから外へ出るように伝えます。

その言葉に躊躇う侍女ですが、ヘルマが外で待ちましょうと調子に乗っている様子が気になります。

ヘルマがさっきよりもエスカレートしているように感じたので、皇太子との夕食の時に発したヘルマを気に入ったというのが聞こえていたのかと読みました。

だとしても、言葉そのままに受け取るだなんてスパイがそんなに単純なはずはないとシャルティアナは思うのです。

 

スポンサードリンク

悪女の定義【第14話】ネタバレ

湯船に入りいい香りに一息つくシャルティアナですが、頭の中はヘルマの事が頭から離れません。

そこでヘルマが皇太子のスパイではないのではないか、という考えが浮かびます。

皇太子があそこまで適当な人材を選ぶはずもなく、夕食の時にヘルマの名前を出した際の自分は当事者ではないような余裕のある態度が気になっています。

ふと皇太子に支えられたことを思い出し、顔が赤くなるシャルティアナ。

余計なことを考えるなと自分に喝を入れ、もう一度初めから整理してみることにしました。

 

シャルティアナが考えるには、ヘルマがスパイであることは99%確実ですが、皇太子の態度をみると皇太子のスパイではないのではないかと考えます。

ヘルマがスパイではあるけれど皇太子のスパイではない、他の誰かのスパイだったとしたら?もしもアイリーンのスパイだったとしたらと思いつくのです。

そうだとしたらつじつまが合うとシャルティアナは確信しました。

 

入浴が終わった後、シャルティアナは侍女たちにペンとレターセットを準備させますがセンスがないとまたわがままを言いつけています。

ヘルマ「あの公女様・・・ご所望された銀色の魔法の羽ペンです」

シャルティアナ「こんなに早く持ってきてくれるなんて偉いわヘルマ」

そう言って笑顔を見せたことに、ヘルマは喜んでいるようです。

ライバルであるシャルティアナにスパイを付ける付ける理由は十分にあり、アイリーンは絶対に優しいだけの人間ではないと考えながら手紙を書いています。

まさかアイリーンがそんなことをするなんて・・・あっちが汚い手を使ってくるのならやられてばかりではいられないと決心するのです。

シャルティアナは現代の芙美だった時の事を思いだし、手紙を書くのが難しいからスマホを使いたいと嘆きながら必死に筆を進めました。

出来上がった手紙は、カイラードへ宛てたものでした。

先日のご親切に感謝を込めて、ティータイムへお誘いしたいというものです。

短い文章ですが、もうこれで送ってしまおうとヘルマを呼び、第五皇太子殿下へ渡すように伝えました。

ヘルマはカイラードへ渡すことに少し驚いているようですが、あわてて部屋を出ます。

それに合わせてシャルティアナも出かけるための芝居を始めました。

シャルティアナ「ああ・・暑いわね・・・お風呂に入ったせいかしら」

「お部屋の温度を下げさせましょうか?」

シャルティアナ「ううん、いいわ。散歩でもしてくる」

ピオゲルはそのまま外へ出ると風邪をひいてしまうとブランケットを渡し、お連れすると言いました。

ですがシャルティアナは一人で着たいからついてこないでと断り、夜は一人では危険なので少し後からついてくるというピオゲルの申し出も断りました。

あっけにとられる侍女ですが、シャルティアナはそのまま庭園へ出かけていきました。

 

外へ出て、もらったブランケットを頭からかぶって隠します。

ヘルマがアイリーンのスパイであるとすれば、先程渡した手紙をアイリーンの元へ持っていくはずだと考えるのです。

こっそり会うのであれば侍女や召使のいない寝室の可能性が高く、しかも外から近づくことのできるテラスだと思いつきました。

自分の推理があっているのか不安になりますが、その予想が当たっていなければアイリーンもヘルマもシャルティアナの敵ではないということなので当たって欲しくないという気持ちもあります。

するとアイリーンの寝室のテラスに近づく人影がいます。

ヘルマが周りを気にしているので、シャルティアナも木の陰に隠れました。

すると部屋から突然何のようなのと言いながら出てきたのがアイリーンです。

アイリーン「初日からこんな風に訪ねて来られるのは迷惑ですわ」

 

その二人の姿を見て、シャルティアナの推理が正しかったと確信します。

アイリーンはシャルティアナにスパイを送り、それがヘルマだったのです。

実際ティータイムの時にアイリーンにも怒りの感情はあり、それをうまく隠すことが出来る人であるということはわかってはいました。

ですがこんな汚い手を使ってくるということは、アイリーンは悪女だと遠慮なく呼ばせてもらうと決めるシャルティアナでした。

悪女の定義【第14話】感想

前回で皇太子の様子がなんか違うぞと思ってはいましたが、アイリーンがスパイを送っていたとは想像もつきませんでした。

アイリーンにスパイを送ることが出来る力があったなんて・・・

まぁ、皇太子とうまくやっているのでさらっと侍女を紹介することくらいはできるのでしょうが。

シャルティアナの反撃も気になりますが、それよりもアイリーンの悪女っぷりがどんな感じなのか楽しみで仕方がありません!(笑)

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年4月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です