アデライド【第6話】のネタバレ・感想!

漫画「アデライド」はSOHO先生の作品です。

ついにデビュタントボールが始まったものの、ルイに近づく不穏な男性の陰により、早くも前途多難な空気に・・・!?

一方、同じく会場に来た皇太子とエリアス公爵、そしてアデライドの動向は果たして・・・!?

 

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

アデライド【第6話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

アデライド【第6話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

アデライド【第6話】のあらすじ

前回で皇太子に頼まれて、ケーキを買ってきたエリアス公爵がルイを追い出す方法で悩んでいる中で出された名案とは・・・

皇太子「さっさと誰かと結婚しちゃえ!せめて婚約!」

その途端にテープの上に手を強く叩きつけるエリアス公爵・・・

エリアス公爵「おふざけ目的でお呼びになられたのでしたら、私は執務に戻ります!」

しかし立ち去ろうとするエリアス公爵を引き止める皇太子も、半分は真面目に考えた上での提案でした。

皇太子「君に婚約者でもいれば、噂がこれ以上は広まらずに済むだろ!それに婚約者のいる男の家によその女が居座り続けるなんて無理!!」

それでもルイが出て行かなかった場合には、その婚約者を花嫁修行を兼ねて一緒に住まわせることまで考えており、今度のデビュタントボールで、婚約者候補を探してみるように勧めます。

エリアス公爵「誰にも気づかれずに暗殺する方法を探す方が早そうだが・・・」

皇太子からの名案に対して、いまいち乗り気になれませんが、数日後・・・

ついにデビュタントボール開催日を迎えます!

 

多くの貴族たちが既に集まっている中で、まずはルイが登場します。

しかし、会場内では何かの制約を取りつけられていることが気に入らず、使用人に愚痴に似た質問を投げつけます。

ルイ「ちょっと!宴会場に案内してくれるんじゃなかったのかしら!?」

男性の声「このように、お呼びしたことをお許しください」

振り向くと、何やら怪しげな雰囲気を醸し出しているイケメン男性が現れます。

 

男性「はじめまして、ルイ様」

ルイ「どういうご用件かしら?」

エリアス公爵夫人の座を狙っているだけあり、初対面の男性に対しても強気で問いかけますが、その男性からは少し意外な返答をされてしまいます。

男性「そんなの決まってるじゃないですか、あなたの計画をお手伝いできるとおもいまして!」

その男性の名はマティアス・フェゼン・アンドレアで、ルイに対して自分の名を聞いたことがあるはずと強調してきます。

そしてルイもまた「アンドレア」の名で、すぐにピンときます。この国の皇后が貴族派を率いるアンドレア公爵家の女であることを聞いたことがあるものの、エリアス公爵とは政治的に敵対関係にある人物が、なぜ自分に力を貸してくれるのかが疑問で仕方ありません。

 

しかし少し考えた末に、自分には危害を及ぼしてはこないであろうと見たルイは確認も兼ねて、わざとらしく質問します。

ルイ「エリアス公爵夫人になることに、手を貸してくれるってことですか?」

マティアス「お約束いたします。あなたが聖女となられる瞬間から、どんな援助も惜しみません」

不敵な笑みを浮かべながら答えるのでした。

そして同じく会場に出席している皇太子とエリアス公爵、そしてアデライドの動向とは果たして・・・!?

スポンサードリンク

アデライド【第6話】のネタバレ

エリアス公爵とは政治的に敵対関係にあるマティアスがルイに近づいて接触していた頃、そのエリアス公爵もまた皇太子と一緒に会場の休憩室で、一緒に過ごしていました。

皇太子「気にいる子は、いた?」

ワインを片手に気楽に聞いてくる皇太子に対して、エリアス公爵は他の提案を求めてきます。

お互いにまだ20歳であり、婚約や結婚など自分たちにとっては、まだまだ早いことではあるものの、今度は皇太子の方が、それではどうするのかと聞いてきます。

 

皇太子「あの女が今の生活を簡単に諦めるとは思えない。監視をつけてから、何か分かったことは?」

エリアス公爵「これといった動きは、まだございません」

ルイのことで分かっていることは、宴会で主に交友を深めているのが、主に貴族派だということくらいで、彼の「殺してやりたい」という気持ちは、さらに深まるばかりです。

恥を知らないどころか、常識も全く通用しない故に、どう対策を立てていけば良いのか、この二人でさえも悩まされるのですが、そんな中でアデライドが入ってくるところを見かけます。

面倒なことになるのを避けるために、二人して隠れます。

 

皇太子とエリアス公爵が壁側に隠れていることなど知る由もないアデライドが真っ先に行ったこととは・・・

アデライド「助かったー!」

明るい声で言うなり、履いている靴を投げ飛ばすかのように脱ぐと同時にソファに腰掛けます。

思わぬ行動に対して、冷や汗をかきながらみている皇太子とエリアス公爵ですが、二人が隠れていることなど知る由もないアデライドは愚痴り始めます。

アデライド「もう無理!足痛すぎ・・・裸足じゃダメなのかな?ドレス長くて、どうせ見えないんだし」

思わず吹き出しそうになるのを必死に堪える皇太子ですが、彼以上に笑いを堪えていたのが、エリアス公爵でした!

 

皇太子「そんなに衝撃的だったのか!?」

エリアス公爵「少し驚いただけです!貴族の令嬢にあるまじき行為でしたから」

そんな彼を見た皇太子が、またもや閃きます。

皇太子「あんな感じの面白くて、お転婆な子はどう?君の面白くない性格とよく合いそうだけど!」

エリアス公爵「冗談は、おやめください!殿下の性格と、よく合いそうだと思いますが・・・」

二人で言い合っているうちに、立ち上がってどこかへ行こうとするアデライドの様子を見て・・・

皇太子「ついていって、どんな娘か見てみよう!」

アデライドに興味を持ち始めた皇太子でしたが、エリアス公爵の中では嫌な予感しか湧いてこなかったのでした・・・。

アデライド【第6話】のみんなの感想

ついに始まったデビュタントボールですが、ルイに接触してきたマティアスのこともあり、早くも前途多難な展開になりそうですよね!

そして、それはルイたちだけでなく、アデライドに興味を持ち始めた皇太子にも言えることですが、確かに彼の言う通りに彼女とエリアス公爵はある意味で似合っているようにも見えますよね!

まとめ

「アデライド【第6話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です